育毛成分の中には、単体で使用するよりも併用して組み合わせて使用した方が、より高い育毛効果を発揮する成分があります。

今回ご説明するキャピキシルとプロペシアの組み合わせは、過去の実績から併用することによって効果が上がることが認められている組み合わせです。

しかし、実際使用する前には

何故効果があるのか?
副作用を起こすことはないのか?

といったことが気になると思います。

謎が解けた男性

 

そこで、この記事では、そんなキャピキシルとプロペシアを組み合わせて使用することに関わる様々な事柄について解説していきます。

これを読めば、キャピキシルとプロペシアを安心して使用することができるでしょう。

是非、貴方の育毛に役立てて下さい。

 

キャピキシルとプロペシアの効果とは?

いきなりキャピキシルとプロペシアを併用することによる効果を解説するとわかりづらいので、まずは、それぞれの育毛成分を単体で摂取した場合の効果を解説致します。

 

キャピキシル

カナダのルーカスマイヤー社が開発した新世代育毛成分、天然成分を厳選抽出して配合されているので副作用の心配もなく、それでいてAGAの原因となる酵素5aリダクターゼの活動を抑制するので優れた育毛効果を発揮します。

 

プロペシア

元々下半身の病気に対する治療薬として開発されたプロスカーという薬を飲んでいたら育毛効果があることが分かり、その効果に着目してプロイラーの成分を調整して開発されたのがプロペシアです。

プロペシアはキャピキシルと同じようにAGAの原因となる酵素5aリダクターゼの働きを抑制する効果を持ち、高い育毛効果を発揮します。しかし、元々育毛薬として開発されたのではないので服用することで副作用を起こすことがあることが確認されています。

多量に服用しなければ副作用の心配は無いのですが、医師の処方を無視したり、個人輸入で入手した方の中には多量に服用することで効果が上がる!と勘違いした方が多量に服用して副作用を起こすことがあります。

よく言うように用法と容量を守って使いましょう。

 

キャピキシルとプロペシアを併用することによる効果、正直な所、本当に効くのか?

キャピキシルとプロペシアは、5aリダクターゼの活動を抑制することでAGAを予防します。

これを読むと、多くの方が同様の効果の物を併用して使用しても効果は上がらないのでは無いか?と考えると思います。

私もそう思いました。

しかし、よくよく考えを巡らせていくと、同じ効果でも塗るキャピキシルと飲むプロペシアを併用することは、体の内と外からダブルの効果を発揮するので効果が高まり、素晴らしい効果を発揮するのだな!と思い至りました。

 

看護師

 

理論的に考えれば、併用することで内と外から効果を発揮するので、効果は高まると考えられます。

 

併用しても意味は無いと言う人もいますが、、、

人によっては、塗るタイプと飲むタイプの育毛剤を併用しても意味は無いという人もいます。

その意見を唱える方の言い分も分かります。

何故なら、昔の塗るタイプの育毛剤は、頭皮を超えて毛根に浸透することが難しかったので、正直な所、効果が乏しかったのです。

そのため昔の塗るタイプと飲むタイプの育毛剤を併用しても相乗効果は殆どなく、結局は飲むタイプの育毛剤の効果しか感じられませんでした。

その経験がある方にとっては、塗るタイプと飲むタイプを併用しても意味が無いと感じるのも当然のことだと思います。

しかし、現在の育毛剤は頭皮を超えて浸透するように工夫や加工がなされているので、昔と同じ成分内容でも、現在の育毛剤の方が高い効果を発揮します。

つまり、塗る育毛剤の進化に伴って併用することでの効果は劇的に進化したのです。

昔の経験から、いつまでも併用は無意味だ!と決め付けずに、是非新しい育毛剤を使用して併用することでの効果を試してみて欲しいと思います。

 

最後に

内と外の両側から効果を発揮する塗るキャピキシルと飲むプロペシアの併用は、理論的に考えて効果があります。

塗る育毛剤だけでは思ったような効果が出ない方は、試してみる価値はあると思います。

プロペシアはAGAクリニックや皮膚科で処方して貰えますので、試してみたい方は、まずはこれらの機関に相談に行ってみるのが良いでしょう。

 

↑キャピキシル徹底レビュー↑

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。