キャピキシルはおでこの生え際の育毛に高い効果を発揮することをご存知でしょうか?

高い育毛効果がある!
と科学的に証明されていて広く公表されているので多くの方は「生え際の薄毛にも多分効果があるんだろうな」と薄っすら推測していると思います。

そして、推測した後に気になるのが

「どのくらいの期間キャピキシルを使用したら生え際の育毛効果を実感できるのか?」

ということではないでしょうか?

キャピキシルが配合された育毛剤は手間ひま掛けて抽出された成長因子を多く含み、拘った製造工程で製造されているので、どの育毛剤も決して価格は安くはありません。

そのため、効果が出ないのに継続するのは心理的にも財布の事情的にも厳しいと思うのではないでしょうか?

せめて、効果が出るまでの期間の目安が欲しい!と思う方も多いと思います。

私も実際購入する際にはそう思いましたので、これは自然な発想だと思います。

キャピキシルの効果期間について黙想している人

 

そこで、この記事では、そんな気になる「キャピキシルを使って生え際に効果が出るまでの期間」をメーカーの実証実験データから調べてみました。

是非、貴方の育毛に役立てて下さい。

 

そもそも、生え際が薄くなる理由とは?

生え際が薄くなるのはDHT(男性ホルモン)による影響です。

生え際が薄毛になるプロセス

生え際が薄毛になるのは、体内で産み出されるテストステロン(男性ホルモン)という物質が頭皮にある5α-リダクターゼという酵素と結合することでDHT(男性ホルモン)が発生し、DHT(男性ホルモン)が髪の根元の毛母細胞と結びつくことで髪の発育が止まり髪が抜け落ちて薄毛になるのです。

DHTの影響でAGAになった毛髪サイクルのイメージ

生え際の薄毛対策のポイント

生え際の薄毛を抑制するには、男性ホルモンのテストステロンか頭皮に存在する酵素5α-リダクターゼの、どちらかの働きを抑え込み、薄毛の直接的な原因となる男性ホルモンのDHTを発生させないことが有効です。

そして、体内で自然発生する男性ホルモンのテストステロンを抑え込むのは難しいので、如何にして頭皮に存在する酵素5α-リダクターゼを抑え込むか?という所がポイントになります。

 

キャピキシルが生え際に効果が出る理由とは?

キャピキシルの製造メーカーのカナダのルーカスマイヤー社からの実証実験をまとめた公式資料によると、キャピキシルは生え際の薄毛の原因となる、5α-リダクターゼⅠ型を64%、Ⅱ型を93%抑制することが確認できた、と公表されています。

つまり、キャピキシルを使用すれば薄毛の直接的な原因となるDHTの発生の元となる酵素5α-リダクターゼを抑制することができるので、生え際の薄毛を改善させる効果が期待できます。

キャピキシルで生え際に効果が出る期間は?

キャピキシルの製造メーカーであるカナダのルーカスマイヤー社から、キャピキシルの効果による育毛の実証実験の様子が公開されています。

キャピキシルの発毛効果

この資料によるとキャピキシルを使用してから4ヶ月ほど経過してから増毛が確認できたとされているので、多少余裕を見て、キャピキシルを使用してから半年ほど経過すれば、キャピキシルの効果を実感できると考えて良いでしょう。

 

最後に

おでこの生え際は、どうしても目立つ箇所なので、これはどうにかして何とかしたいと思っている方も多いでしょう。

生え際の薄毛に高い効果を発揮されることが確認されているキャピキシルは、そんな方達の救いになる育毛成分です。

育毛効果が現れるのにメーカーの実証実験では4ヶ月と記載はされていますが、恐らくは効果を感じるまでには半年ほど時間は掛かるでしょう。

ただし、時間は掛かりますが、科学的に育毛効果は実証されているので継続して使用していけば着実に育毛効果が実感できます。

もし、貴方が生え際の薄毛に悩んでいるのなら、キャピキシルを試してみてください。

きっと、貴方の心強い味方になることでしょう。

 

↑キャピキシル徹底レビュー↑

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。