薄毛には外用の塗るタイプの育毛剤よりも服用するタブレットタイプの方が血液を介して成分が広く行き渡るので効果的だと分かっています。

そのため、AGAクリニックで処方されるAGA治療薬は、すべて飲むタイプの物です。

このように育毛成分を有効に活用させるには飲むタイプの育毛剤の方が適しています。

そして、それならミノキシジルよりも育毛効果の高いキャピキシルにも飲むタイプのタブレットが出ても良いのではないか?と考える方も多いかもしれません。

そこで、この記事ではキャピキシルのタブレット製品について調べてみました。

タブレット

 

キャピキシルのタブレット製品

結論から言うと、現状ではキャピキシルはタブレットやサプリメントの形で販売されていません。

これは国内に限らず、国外でもキャピキシルはタブレットやサプリメントの形で販売されていません。

これは何故なのでしょうか?

次項では、考えられる理由を紹介していきます。

 

キャピキシルがタブレットやサプリメントの形で販売されていない理由とは?

 

高い育毛効果を持つキャピキシルがタブレットやサプリメントの形で販売されていない理由は3つ考えられます。

理由その1 開発途中の段階

現段階ではキャピキシルのタブレットやサプリメントは開発途中の段階なので販売されていないのではないか?と考えられます。

この理由なら、いずれどこかの企業からキャピキシルのタブレットやサプリメントが販売されるでしょう。

 

理由その2 キャピキシルの特性

キャピキシルの育毛効果は薄毛を促進するDHT(男性ホルモン)の発生を阻害することによって発揮されます。

そして、その効果は毛根に集約します。
毛根をDHT(男性ホルモン)の影響からから守る、それこそがキャピキシルの効果の秘密なのです。

これはつまり、キャピキシルの効果は毛根周りに浸透すれば充分発揮されるという事です。

そのため、他の育毛成分とは異なり飲むタブレットやサプリメントという形で無くても、塗る育毛剤という形で充分育毛効果が発揮されます。

そして、塗る育毛剤で充分育毛効果が発揮されるのなら、飲むタイプのタブレットやサプリメントの開発や販売を急いで進める必要も無いので、現状飲むタイプのキャピキシル剤が販売されないのだと推察できます。

 

理由その3 許認可の事情

キャピキシルは開発されてから、それほど時が経っていません。

国内で販売開始してから3年ほど、製造メーカーが開発してから4年ほどですので、現段階では臨床データが少な過ぎます。

現状タブレット型の育毛剤として広く利用されているプロペシアやミノキシジルは、キャピキシルとは比較にならないほど長い期間の臨床データが蓄積されてタブレットとして世に姿を現しました。

そして、それほど長い期間の臨床データを蓄積したミノキシジルでさえ厚生労働省に認められておらず、日本で手に入れるには個人輸入しかありません。

つまり、現状キャピキシルのタブレットを開発しても臨床データが不足しているので国内の認可は降りません。

そのため、国内メーカーはキャピキシルのタブレットやサプリメントの開発を進めていないので販売もされない、と考えれます。

 

恐らくは、ここで紹介したどれか1つの理由によってというよりは、これら3つの理由が複雑に絡み合い販売に至っていないのだと思います。

 

まとめ

タブレットを飲みたい男性

残念ですが、現段階ではキャピキシルのタブレットやサプリメントは販売されていません。

しかし、キャピキシルの育毛効果は揺るぎない確かな物だと科学的に証明されているので

そう遠く無い未来に飲むタイプのキャピキシル剤が販売されると考えられます。

そして、飲むタイプのキャピキシルが販売されれば、自宅でもっと手軽に育毛を行えるようになるでしょう。

その日を期待しながら待っています。

 

↑キャピキシル徹底レビュー↑

 

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。