多くの方が男性ホルモンを主たる原因とする男性型脱毛症AGAに苦しんでいます。

この症状の辛い所は、自然に分泌される男性ホルモンが主たる原因なので本人の生活習慣や食生活によってどうにかなる問題では無いという所です。

何も悪いことをしていないのに、、、

AGAになってしまった、、、

何故私が、、、

と、自分がAGAだと自覚したら気を落としてしまうことでしょう。

その気持ちはよくわかります。しかし、気を落としていてもAGAは解決しないので辛いと思いますが前を向いて下さい!

昔は諦めるしかなかったAGAですが、現在では様々な治療方法があります。

そして、近年育毛成分キャピキシルがAGAに効果的だ!とネット上で囁かれています。

これは本当なのでしょうか?

この記事では、そもそもAGAとは?から始まりAGAに効果的だと言われるキャピキシルが本当に効果的なのか?について解説していきます。

是非、貴方の育毛に役立て下さい。

 

そもそもAGAとは?

AGA担った人のヘアサイクル

 

AGAとは、遺伝の影響によって分泌される男性ホルモンが原因となって薄毛になってしまう男性型脱毛症のことです。

正式名をAndrogenetic Alopeciaと言います。

AGAは、主に生え際や頭頂部を薄毛にしますが、耳の後ろや頭の後ろ側の毛には影響を与えないという特徴があります。

サザエさんに出てくる波平さんの頭が典型的なAGAによる薄毛です。

このAGA、主たる原因が遺伝により自然と分泌される男性ホルモンの為、治療することがとても難しいのです。

では、全く治療できないのか?
というと、そうではありません。

長年のAGAの研究によってAGAによって薄毛になるメカニズムが解明されてきました。

そして、このメカニズムの解明によってAGAを治療できる道筋が見つかりました。

 

AGAによる薄毛のメカニズムとは?

①AGAになると、まず体内にテストステロンという男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

②テストステロンは頭皮に辿り着くと、頭皮に存在する5α-リダクターゼという酵素を取り込み、DHTという別の男性ホルモンに変化します。

③そして、DHTが髪の毛根に取り込まれると、DHTを取り込んだ毛根は発毛がストップしてしまいます。

④発毛がストップした毛根からは新しく発毛することも、髪が育つこともなくなるので、DHTを取り込んだ毛根が増えると自然と薄毛になってしまうのです。

この1~4の流れがAGAでよって薄毛になるメカニズムです。

 

AGAをなんとかするには?

AGAのメカニズムのキーは、テストステロンと5α-リダクターゼです。

このどちらかが欠ければAGAのメカニズムは作用しなくなります。

しかし、男性ホルモンのテストステロンは頭皮に悪影響を与えても、体内では別の役割もあるので、髪の為と言ってもテストステロンを減退させるのは避けた方が良いでしょう。

と、なると自ずとAGA治療は、5α-リダクターゼをターゲットとした物になります。

そして、5α-リダクターゼに作用して働きを妨害して体に安全な成分は無いものか?

と、様々な天然成分を探して行った所、アカツメクサの成分とアミノ酸の一種のアセチルテトラペプチド-3に5α-リダクターゼを妨害する高い効果が発見されたのです。

そして、その2つの成分を配合して結合した物がキャピキシルなのです。

 

キャピキシルはAGAに効果的か?

元々AGA対策の為に作られているので、キャピキシルはAGAに効果的だと考えられます。

キャピキシルの開発メーカーのルーカスマイヤー社から公開されている、キャピキシルの5α-リダクターゼに対する実証実験の結果を見ると、キャピキシルは5α-リダクターゼ1型を64%、2型を93%抑制していることが証明されています。

また、この5α-リダクターゼの実証実験を裏付ける為に、AGA患者にキャピキシルを使用した実証実験の結果も公開されています。

キャピキシル効果

 

これらの実証実験結果を見ると、キャピキシルはAGAに対して高い効果があると認められます。

 

まとめ

キャピキシルはAGAに対して高い効果があると実証実験によって確認されています。

AGAで悩んでいるのなら、科学的にAGAに効果があると証明されているキャピキシルを試してみる価値はあるでしょう。

 

↑キャピキシル徹底レビュー↑

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。